こまきの食育

食育とは

食育

「食育」とは、国の定める「食育基本法」の中では、次のように説明しています。

(1)生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
(2)様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

団体活動紹介

小牧市生活改善実行グループ

<活動内容(平成27年度)>

・ 2月29日(月) 「味噌作り体験」


  2月29日(月)10時より小牧市児童館にて味噌作り体験教室が行われました。
 対象は母親クラブで、味噌作りの体験を通してお母さん同士の交流を持ち、協力して作業をすることを目的に行いました。 斉藤講師、熊澤講師、小島講師の指導のもと2kgの味噌を作りました。参加者の方々は楽しくお話しながら味噌作りを体験しました。
 完成した味噌はしばらく熟成させて、早くて夏過ぎの頃から3年間くらいは食べることができるとのことです。





・1月19日(火) 「生芋こんにゃくと野菜たっぷりワンプレートご飯」


 1月19日(火)10時より小牧市公民館料理教室にて第2回市民講座料理教室「生芋こんにゃくと野菜たっぷりワンプレートご飯」が行われました。
 小牧市生活改善実行グループ連絡研究会メンバーが作ったお米や野菜を材料として使い、塩むすび・ごぼうと人参のきんぴら・生芋こんにゃくと大根の甘味噌和え・じゃがいもと鶏肉のオーブン焼き・ポテトサラダ・えび芋のきなこ団子・長芋の梅肉和え・生姜焼肉の白菜巻き・ターサイとしめじのごま油炒め・赤カブの甘酢漬け・煮豆を作りました。
 小島講師の指導のもとメインの生芋こんにゃくを参加者が作り、その間にその他の料理をメンバーが作りました。料理後に全員で食事をしながら、メンバーから野菜の話や料理の作り方のコツなども教わって楽しい時間を過ごしました。
 参加者より「この料金でこれだけの内容でとても良かった。」「こういった活動しているのを初めて知って今後も参加したい。」と意見をいただきました。




・9月 1日(火) 「飾り巻き寿司料理教室」


 平成27年9月1日(火)小牧市生活改善実行グループがふらっとみなみ調理室にて市民向け講座「飾り巻き寿司・巻き寿司の料理教室」を行いました。カエルの飾り巻き寿司と豚の生姜巻き寿司を作りましたが、参加者の方々は初めて作る巻き寿司を一生懸命作っていました。また時間が少しあったため、メンバーの機転で予定にはなかった花の飾り巻き寿司も作られました。
 作り終わった後に、参加者の方々は農家であるグループメンバーから野菜についての知識や日常のいろいろな役立つ話を聞きながら、ご自分で作られた巻き寿司や小牧産の野菜で作った惣菜を食べられました。



ページの先頭へ