こまきの食育

食育とは

食育

「食育」とは、国の定める「食育基本法」の中では、次のように説明しています。

(1)生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
(2)様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

団体活動紹介

小牧市食生活改善協議会

平成27年度活動内容

【1】平成27年5月1日(金)・8日(金)
 小牧小学校5年生を対象に野外活動に向けて鍋で炊飯、カレー作りの調理サポートを行いました。


【2】8月3日(月)親子食育教室
 保健センターで、小学生親子対象にオリジナルスープにチャレンジ「どんな味が、できるかな」を開催しました。
 最初に管理栄養士さんによるエプロンシアター「うんちは、健康のバロメーター」を行いました。



 次は親子食育教室。メニューはオリジナルスープ、コロコロサラダ、簡単ピラフ、キャロットゼリーです。

 じゃがいもをピーラーで皮むき、きゅうりは1㎝角切り、上手にできました。

 お鍋の中は、クリームスープ、もうすぐ完成です。
 クリームスープの塩分濃度は、0.6%でした。薄味ですが、子供達は、凄く美味しかったそうです。

 カレースープの塩分濃度は0.8%、わかめ入りカレースープの塩分濃度は0.8%、普通の塩分濃度の薄い方でした。

 完成!!
 子供たちから「美味しかったです。」「また作りたいね。」と感想をいただきました。
 作り方は、レシピを見てくださいね。




【3】9月6日(日) 巾下地区健康展
 西部コミュニティセンターにて、ミニ健康展に参加しました。
  ・野菜1日350g食べましょう。 前日食べた野菜を、はかりで量ってもらいました。
  ・野菜手ばかり法のご紹介もしました。

【4】9月25日(金)
 大城小学校5年生を対象に野外活動に向けて鍋で炊飯、カレー作りの調理サポートを行いました。



 子供達からお礼の手紙と写真をいただきました。

【5】10月31日(土) 味岡地区健康展
 味岡市民センターにて、ミニ健康展に参加しました。
  ・野菜1日350g食べましょう。 前日食べた野菜を、はかりで量ってもらいました。
  ・野菜手ばかり法のご紹介をしました。

【6】11月8日(日)歯の健康センター 歯ピカピック
 勤労センターにて歯ピカピックに参加しました。
  ・野菜1日350g食べましょう! 前日食べた野菜を、はかりで量ってもらいました。
  ・野菜手ばかり法のご紹介をしました。



  ・子供達に絵本読み聞かせをしました。
  ・「うんちの話」や、「野菜のお腹」が大好評でした。
  ・おみやげの野菜けしごむも大好評でした。



【7】11月12日(木) 低栄養とロコモ、認知症予防教室
 保健センターにて、60歳以上の市民対象に行いました。
  ・管理栄養士さんに「健康長寿と食生活」、保健師さんには「日常生活で気をつけるといいこと」の
    お話をしていただきました。保健師さんには、簡単体操も教えていただきました。
  ・調理実習のメニューは、
    さばのピリ辛そぼろ風どんぶり、れんこんとごぼうのミルクきんぴら、けんちん汁、
    人参とオレンジのサラダ、デザートはとろけるあんにん豆腐です。
  ・すべて塩分控えめ、カルシウムは75mg、タンパク質は3,5gで
    参加者から野菜が豊富で美味しかったと好評でした。



【8】11月14日(土)15日(日) いきいきこまき(農業祭)
 市民センターで開催の農業祭に参加しました。
  ・野菜1日350g食べましょう! 前日食べた野菜を、はかりで量ってもらいました。
  ・野菜手ばかり法のご紹介をしました。
  ・先週の歯ピカピックで、前日食べた野菜計量に参加されたご家族が、たまたま来場されました。
    歯ピカの時は、野菜がまったく足りておらず、以後野菜を食べるよう意識するようになったそうです。
    再度前日食べた野菜の計量していただくと、350gを超えていました。
    これからも、野菜を食べるように意識していきたいと、嬉しいお言葉をいただきました。



ページの先頭へ